language

MENU

IR情報

ディスクロージャーポリシー

1. 情報開示の基準

当社は、会社法や金融商品取引法等の関連諸法令や東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下、開示規則)を遵守した情報開示を行うとともに、開示規則による開示が義務付けられていない情報についても、できるかぎり積極的な情報開示に努めてまいります。

2. 情報開示の方法

開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所の適時開示情報閲覧サービス(以下、TDnet)や金融庁の金融商品取引法に基づく有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム(以下、EDINET)を通じて開示しています。開示規則に該当しない情報についても株主・投資家の皆さまの当社へのご理解の助けになると判断した情報は、当社のホームページへの掲載等により、公平に開示してまいります。

3. インサイダー取引の未然防止

当社は、開示規則に準拠した会社情報および投資判断等に影響を与えると当社が判断した重要な会社情報については適切に管理し、株式の売買等に関する手続きを規定するとともに社内に周知徹底することで、インサイダー取引の未然防止を図ります。

4. 業績予想及び将来情報の取り扱い

当社が開示する情報の中には、現在の計画・見通し・戦略等の将来情報が含まれています。これらの将来情報は、開示時点で入手可能な情報に基づき、当社の判断による一定の前提の下に作成されているため、リスクや不確定要素等の要因により、実際の業績とは大きく乖離する可能性があります。

5. 沈黙期間

当社は、決算発表前に決算に関する情報の漏洩を防ぐため、通期、四半期の決算期末日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。沈黙期間中は、決算内容に関するコメントを差し控えております。ただし、沈黙期間中であっても業績予想を大きく乖離する見込みが生じた場合には、開示規則に従って、適宜情報開示を行います。

 | IR情報へ戻る | 

PAGETOP